キセツNEWS!

季節によっておこる日々のニュースを紹介します。

えなりかずきと泉ピン子の不仲説を橋田壽賀子が暴露!共演NGの理由と本音

子役の頃から人気を博していた俳優のえなりかずきさんが、「渡る世間は鬼ばかり」で共演していた女優の泉ピン子さんとの不仲説を脚本家の橋田壽賀子が暴露しました。

 

2人が共演している「渡る世間は鬼ばかり」でも2015年の特番を最後に共演がありません。

 

なんでも、えなりかずきさんは、泉ピン子さんと一緒に出ると、発疹がでたり、おかしくなるそうです。発疹がでるほど嫌なのでしょうかね。

 

そのようなことを聞いて橋田壽賀子さんも頭にきている模様ですが、共演がないようにするしかないのでしょう。

 

二人の競演シーンは親子と言う設定でありながら最近は全くありません。

 

この件に泉ピン子さんは、「いじめた覚えはない」と言っているらしいですが、あの、あの泉ピン子さんですからいじめた覚えが無くてもえなりかずきさんにとっては、いやなことがあったのではないでしょうか。

 

事務所の対応はと言うと、えなりくんは、家族がやっている個人事務所に所属していますが、マネージャーの母親は、

「何もわかりません」

とのことで、本人の意思が相当強いようですね。

 

それにしてもここまで国民的なドラマとなった「渡る世間は鬼ばかり」の主役2人の共演NGは、ドラマの存続にも大きく関わってきますね。

 

えなりかずきさんは、見るからに神経質そうですし、神経がこまやかそうでいろいろなことを気にしそうなタイプ。

 

それに引き替え、何でもずばずば言って周りを困らすことの多い泉ピン子さんですから、どちらが悪いとかではなくて2人は最初から水と油、合わないのではないでしょうか。

 

今まではえなりくんが子役という事で、すべて飲み込んでいて、文句を言う立場ではなかったのではないかと簡単に推測ができます。

 

それが大きくなって、自分の意見も持つようになって、あれだけの俳優さんになれば、自分の意思も大きくかかわってくるのではないでしょうか。

 

それにしてもこの二人の共演NGは強烈ですね。

親子役が不仲で共演NGって。

まるで実際の親子の反抗期のようですね。

 

でも発疹がでるほど、身体が受け付けないってえなりくんは相当なストレスがかかっているのではないでしょうか。

 

いずれにしてもこの体の不調が芸能活動の休止とか活動停止とかそのような形にならないことを祈ります。

 

あくまでもこの二人の間だけで問題が解決しますように期待しています。

 

詳しいことは10月3日発売の「週刊文春」に載るそうですので、興味のある方はそちらをお買い上げになって読んでみてください!