キセツNEWS!

季節によっておこる日々のニュースを紹介します。

熱中症の症状と応急処置


今日も猛暑でしたね。

私事ですが、今日はこの暑さの中、神社に参拝に行ってきました。

さすがにこの暑さで夏休みといえども、参拝客は少なかったです。

やはり熱中症を注意して、暑いところへの外出を控えている方が多いようです。

さて、今日は熱中症の症状と応急処置の仕方を紹介します。

 

今、私の周りでも体調を崩す方がとても多いです。真夏日にめまいや頭痛、吐き気などの症状が出た時、まずは熱中症を疑う方が多いでしょう。

では、夏場の下痢は熱中症に関連はあるのでしょうか? 

 

頭痛や吐き気は熱中症の症状?

 

7月から9月にかけて熱中症は、体内における熱の産出と体外への熱の放散のバランスが崩れて、体温が上昇してしまう状態を言います。

熱中症は早期に発見し、治療しなければ重症化してしまうケースがあります。

具体的には、暑い環境にいる、もしくはいた

あとに、次のような症状が現れている場合、熱中症と考えられます。

めまい
失神(立ちくらみ)
生あくび
大量の発汗
強い口渇感
筋肉痛
筋肉の硬直(こむら返り)
頭痛
嘔吐
倦怠感(だるさ)
虚脱感
意識障害
痙攣
せん妄
小脳失調
高体温(深部体温 >40℃)

などです。

 

熱中症で足がつるのも熱中症の症状「こむら返り」です。 

こむら返りの原因にはナトリウムなどのミネラル不足もあるため、暑い環境で多量に汗をかいた際に起こることが多いです。

私も夏に外で働いていた時に、よく足をつっていました。

そしてそういう時に水を飲むと変な味がした記憶があります。それは、ナトリウムなどのミネラルが不足して舌の味覚が少しおかしくなっていたためと思われます。

足などが部分的につる場合は比較的軽症ですが、全身のこむら返りが起こっているときは、はやめに救急車を呼んでもよいでしょう。

 

下痢が熱中症であることはあまりない

 

真夏に下痢をしている場合、熱中症なのではないかと考える方もいますが、熱中症で下痢をするというケースは少なく、熱中症と下痢に関連性があることは多くありません。

  

熱中症の症状には、体温が著しく上昇する「高体温」も挙げられます。

熱中症で体温が上がるのは、体外から取り込まれた熱が体内にこもってしまい、放散できないからです。

また、体温調節機能が十分でない高齢の方の場合、外気温が高くても十分な汗をかけず、熱を体から逃がせないことがあります。

 
日中の屋外スポーツ、仕事に注意

特に、日ごろ特別な運動をしていないごく一般の方が、休日の日中にテニスやサッカーなどスポーツを行っている最中、熱中症になることが多いので注意が必要です。

熱中症は重症化してしまうと入院なども必要になるため、高温多湿な環境で働かれている方は日ごろから予防を徹底することが大切です

 

仕事中の熱中症の予防対策

●30分に1度や1時間に1度は休憩をとる。

●こまめに水分と塩分を補給する

●夜しっかり睡眠をとり疲れを次の日に残さない

●飲酒は控える

 

f:id:santaruchia:20190809203229j:plain

熱中症には注意